体験

ウエスタ川越で「ルビコンシンフォニックバンド」の吹奏楽コンサート

演奏会練習風景  ウエスタ川越大ホール(川越市新宿町)で11月18日、ルビコンシンフォニックバンド演奏会「RUBICON SYMPHONIC BAND~3rd concert~」が開かれる。  RUBICON SYMPHONIC BAND(ルビコンシンフォニックバンド)は、首都圏の音楽大学を卒業した…
Continue Reading
体験

川越で就活応援イベント 地元企業参加、ディスカッションや質疑応答も

イベント開催会場  ウエスタ川越(川越市新宿町)多目的ホール屋内ステージで11月12日、「川越市地元企業の魅力発見セミナー」が開かれる。主催は、かわごえ産業フェスタ実行委員会。  就活予定の大学生・高校生、川越で就職を考えている若者、その保護者を対象に、就職活動のノウハウを教える。  川越で活躍して…
Continue Reading
文化

川越・喜多院「菊まつり」に500作品 菊苗の販売も

昨年開催の様子  川越の喜多院(川越市小仙波町1)で11月1日から、「小江戸川越菊まつり」が開かれる。主催は川越菊花会、川越市市民文化祭実行委員会、川越市。  「小江戸川越菊まつり」は、川越大師喜多院で毎年11月に開催される秋の風物詩。1983(昭和58)年に喜多院奉納菊花展として始まり、その後名称…
Continue Reading
体験

「おとまち小江戸秋まつり」に川越CLEAR’Sら 地元グルメや子ども向け企画も

過去開催の様子  ウェスタ 川越(川越市新宿町1)で10月28日、「おとまち小江戸秋まつり Supported by ウニクス川越」が開かれる。  「歴史の街を、音でつなぐ」をテーマに開く音楽イベント。川越の企業、学生、ミュージシャンらが携わり、イベント企画・制作・音響・アーティスト派遣などを行うN…
Continue Reading
体験

川越で「お笑いグランプリ」 観客による投票審査も

昨年開催の様子  ウェスタ川越(川越市新宿町1)大ホールで10月21日、「KOEDO お笑いグランプリ 決勝大会」が開かれる。主催は指定管理者NeCST。  漫才、コント、落語、モノマネ、歌ネタなど、3分以内のネタを披露するアマチュア限定のお笑いコンテスト。9月に行われた予選会を突破したグループによ…
Continue Reading
ナイトライフ

「川越まつり」開催迫る ユネスコ無形文化遺産登録の「山車行事」も

過去開催の様子  川越市内で10月14日・15日、国指定重要無形民俗文化財「川越まつり」が開かれる。  川越まつりは、江戸の「天下祭」を今に伝える都市型祭礼として360年以上の歴史を誇る。氷川神社(川越市宮下町2)が行う例大祭を根源に、直後に行う「神幸祭」や「山車行事」が呼び物となっており、昨年「川…
Continue Reading
交通アクセス

川越で「肉の祭典」 市内・近隣の名店40店集結

メニュー一例  川越水上公園(川越市池辺)プールサイドで10月8日・9日、「肉の祭典@肉ミーティング」が開かれる。  「Cafe Vino(カフェヴィーノ)」「Bistro Cache Cache(ビストロ カシュカシュ) 「拓ちゃん家」など、市内・近隣の約40店が出店し、肉料理を提供する同イベント…
Continue Reading
文化

川越で「高校生小説大賞」 作品募集締め切り迫る

昨年度の「高校生小説大賞入選作品集  川越市は現在、今年度「高校生小説大賞~糠星(ぬかぼし)の輝き~」の作品を募集している。市制90周年記念事業をきっかけにスタートした同コンテストは、今年で6年目。同市によると「糠星 とは夜空を彩る無数の星のことで、「あなたの輝きを小説に込めて表現してほしい」との意…
Continue Reading
ショッピング

川越一番街にチョコレート専門店 セイワ食品が初直販店、川越店限定商品

川越ショコラ専門店の画像 川越限定醤油クランチ  観光客が多く訪れる小江戸川越一番街に「川越ショコラBromagee(ブロマージェ)」が9月13日にオープンした。同店は、茨城県筑西市で35年以上チョコレートを製造してきたセイワ食品が初めて手掛けるチョコレート専門店。 川越限定醤油クランチ  クランチ…
Continue Reading
交通アクセス

所沢で「空飛ぶ音楽祭」市にゆかりあるアーティストライブや飲食ブースなど

「彩翔亭」出演アーティスト  所沢航空記念公園・所沢市民文化センター「ミューズ(所沢市並木1)」で9月23日・24日、「空飛ぶ音楽祭2017」が開かれる。  所沢市が進める「音楽のあるまちづくり」の一環で行う同イベント。ステージには所沢にゆかりあるアーティストなどが多数出演し、同市の魅力を市内外にア…
Continue Reading

KAWAGOE GUIDEとは?

埼玉県の小江戸・川越は東京から電車で片道1時間弱でたどり着く、海外からのお客様が多く訪れる観光都市。川越ガイド KAWAGOE GUIDEは、人気の小江戸・川越の観光の見どころを紹介します。西武新宿線・本川越駅、JR埼京線・東武東上線なら川越駅と、都内から川越まで3つの路線で行ける便利な街・川越。 古き良き日本の景色・小江戸川越を堪能できる蔵造りの街並み。街中に響く、時間を知らせる時の鐘は川越の街のシンボル。 恋を叶えてくれる縁結びの神社として有名な氷川神社、観光しながらウォーキングができるとして人気の七福神めぐり。 昔から川越宿はサツマイモの産地として有名。川越市内には昔懐かしいサツマイモのお菓子や創作料理を頂けるお店もたくさんあります。 川越ガイドは古き良き日本を感じることが出来る「小江戸・川越」を、歴史・観光・行事・イベント・グルメなど地域に密着した情報をご紹介します。ガイドブックでは伝えきれない、地域住民だからこそ知る情報まで網羅。 タブレットやスマホを片手に、川越ガイド KAWAGOE GUIDEと一緒に小江戸・川越のディープな世界を一緒に旅してみましょう。

川越市概要(歴史、交通)

川越市は日本国関東圏に属する埼玉県の南西部に位置しています。人口は約35万人。 川越市の中心部には川越駅と本川越駅があります。東京都心からの交通の便もよく、池袋駅から約30分。新宿から約50分。神奈川県横浜市からは約78分。西武新宿駅から本川越駅までは、座席指定で快適な「小江戸号」が1時間に1〜2本の割合で運行されています。 また、近年では海外からの観光客も多く訪れており、成田空港・羽田空港からは直通高速バスが運行しています。川越市内観光には、小江戸巡回バスが運行しています。 川越市は、江戸時代には川越藩の城下町として栄えた都市で「小江戸」(こえど)の別名を持ちます。明治に入り、川越藩は廃藩となりましたが、城下町の産業、文化の伝統から埼玉県随一の商業・金融の中心地、米取引、穀物集散地として栄えました。川越芋であるさつまいもは今では川越の名物にもなっています。 以後、戦災を免れた川越は、歴史的な蔵造りの街並みをそのまま残すことができました。現在では、城跡、神社、寺院、旧跡、歴史的建造物が多く「歴史都市」に認定されています。近年では、NHK朝の連続テレビ小説「つばさ」の舞台にもなり、川越市内の観光名所には年間約620万人もの観光客が訪れています。

川越市観光名所

埼玉のノスタルジックいっぱいの蔵造りが魅力の川越。川越駅・本川越駅からクレアモール・大正浪漫通りを抜けると、重厚な開き扉や壁牢な瓦屋根の魅力的な蔵造りの店舗が軒を連ねています。見上げる先には、川越のシンボル“時の鐘”があります。時の鐘は、16メートルの高さがあり、1日4回小江戸川越の街に時を告げています。明治初期から歴史を刻む“菓子屋横丁”では、昔懐かしい駄菓子を売るお店が並んでいます。 蔵造りの街並みから散策を続けていくと、歴史ある神社や近代博物館など見どころ満載。嘉永元年の昔からその堂々たる姿を今に残す“本丸御殿”。そのすぐ向かいには、「お城の天神様」と呼ばれる“三芳野神社”。通りを挟むと川越市博物館、美術館があります。さらに足をのばすと、川越の総鎮守“氷川神社”にも参拝できます。 江戸城から移築された「家光誕生の間」や「春日の局化粧の間」を見ることができる“喜多院”は、川越大師でも知られています。 散策の途中でちょっと一息。クレアモールはおしゃれなカフェやファストフード店が立ち並んでいます。お食事処も満載で有名なラーメン店「頑者」もあります。お土産には、「つばさかりんとう」「いも恋」など川越さつまいもスイーツが人気です。